小さな鉄路〜鉄道模型の世界〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常と非日常 〜20系「あさかぜ」の思い出〜

<<   作成日時 : 2006/01/30 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

土曜日の11時頃、京都線の各駅停車で京都駅へ到着すると、向かいのホームにブルートレインが・・
 どうやら延着した「日本海4号」だったようです。

画像

                                         こんな感じ

 お昼前のちょっとけだるい雰囲気の漂う京都駅にブルートレイン・・・
 日常の中に出現した非日常
 新快速を待つ人々の好奇のまなざしが青い車体を見つめていました



 ところで最近寝台列車の本数は減るに減って、名だたる名列車も廃止が続いています。
 たしかに、新幹線や飛行機で移動してビジネスホテルに泊まったほうが寝台列車より経済的かつ快適なのですからやむを得ないことでしょう。


 しかし新幹線や飛行機による移動は日常の延長のようなもの。
 それに対して昔から寝台列車には独特な雰囲気があり、それに乗ることで日常から脱出できるようなイメージが伴います。
 私も高校生の頃は、帰宅時に東京駅の12、13番線から次々と発車していく九州行きブルートレインを眺めながら、一種の憧憬を感じていました。
 すでに「さくら」や「みずほ」は14系に世代交代していましたが、個室寝台を含むロネを3両もつないだ20系の「あさかぜ1号」は極めつきの非日常列車でした。


 ちょうど昭和50年春に広島に向かう用事があり、思い切ってあこがれの寝台特急を利用してみることにしたのです。
 当時はまだまだ寝台利用客が多く、少し早めに東京駅のみどりの窓口でマルスを叩いてもらったのですが生憎とロネもハネも満席。
 ダメ元で「あさかぜ」の個室は?と聞いてみたところ、なにやら奥から台帳のようなものを持ってきて調べてくれました。当時はA個はマルスでは販売していなかったようです。

 幸運にもルーメット(一人用個室)に空きがあり、私の財布にもそれを受け入れるだけの余裕があったので、この時初めてあこがれの個室に乗ることが出来たのです。


 たしか車両はナロネ22だったと思いますが、ひょっとしたらナロネ20だったかも・・・
 もう記憶が定かではありません。

画像

                                      ナロネ22(関水金属の新製品)

 カレチに案内された私の車室は山側で、座席は進行方向向きの部屋でした。
 部屋の内装は近代的なデコラ壁で、シートは黄緑色のストライプの入ったモケットだったような。
 ・・・カメラを持ってこなかったのが悔やまれます。
 しかし走るホテルと呼ばれ一世を風靡した20系も少しくたびれてきたかなといった感じでした。

 発車してしばらくは部屋の中から移りゆく都心の風景を眺めていましたが、その後食堂車に行っている間に座席が寝台に変わり、枕元のガラスの水差しの水が注ぎ足されていました。
 当時の20系寝台列車には車掌補が乗務しており、ロネ、ハネとも寝台の組立解体を行っていたのです。
 
 その夜は早々と白河夜船になってしまったのですが、翌朝はベッドが壁に収納されるギミックが相当気に入ったようで、自分で何度も出し入れしてみた記憶があります。


 さて20系といえば古くから関水金属によってEF65Pと共に製品化されていました。
 現在の製品に比べれば製品のレベルは低く、モールドや塗装は甘く、窓も嵌め込み式になってはいません。
 ロネはプルマンのナロネ21しかなく、末期の編成を再現しようとしてもナハネフ22がないなど、やや偏ったラインナップでした。
 しかし一両800円という価格で、Nゲージを一般に広めたエポックメイキング的な製品であったのも事実です。
画像

 同時期の製品であるEF65も台車マウントのスカートや、塗装が甘く車番が無塗装であったりなど、まだまだ揺籃期の製品といった感じです。

 
 我が家の車両区を調べてみると、関水金属のオリジナルの他に、グリーンマックスのオロ10を改造したナロ20や、大阪のマッハ模型が関水の製品を切り継いで作ったナハネフ22など、 13両の20系旧製品が在籍していました。

画像
ナロ20(種車はグリーンマックスのオロ10) 
画像
マッハ模型製ナハネフ22


 もちろんリニューアルされた20系も「あさかぜ」編成、「さくら」編成とも在籍しているのですが、並べてみると隔世の感といったところです。 
画像
 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
15年ぐらい前、姫路〜東京を寝台に乗ってみたのが最後ですね、あれは「あさかぜ」だったのかな?
かー太郎
2006/02/01 00:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
日常と非日常 〜20系「あさかぜ」の思い出〜 小さな鉄路〜鉄道模型の世界〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる